はじめの一歩についての感想

今回ははじめの一歩について紹介したいと思います。

 

話のあらすじ
母子家庭のいじめられっ子である主人公の幕ノ内一歩がプロボクサーである鷹村守との
出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門。強いとはなにか?という問いの答えを求め、
プロボクサーとして、また人間として成長していく過程をさまざまなライバルや仲間たちとの
交流を通じて描いていく。

 

主人公がボクシングを通じて成長していくという物語ですが、ボクシングの試合が一つ一つ
忠実に描かれているため、ワンシーンワンシーンに迫力があり、また対戦者同士の感情や
心理状態も細かく描かれているため一気にのめりこんで読んでしまいます。
主人公だけでなく、仲間やライバルの試合も丁寧に描かれているため、たくさんのスタイルの
ボクサーがいて自分の好きなキャラを見つけることができるのもこの漫画の面白い部分だと
思います。また、実際のボクサーの悩みや日常を描いており、減量の苦しさやボクサーの
悩みやけがトレーニングについてもしっかりと描かれています。ボクシングを知らない方でも
この作品を見ればボクシングのことを理解できるのではないかと思います。
相手をどうやって倒すか、試合の中だけで表現するだけでなく、トレーニングで努力する姿も
見られ、試合中の一歩を自然と応援したくなるのではないかと思います。
また、試合と試合の間の話がとても面白いです。特に先輩である鷹村や青木、木村と
一歩のかけあいが最高です。

 

現在100巻をこえる長編漫画ですが、どこをとってもおもしろいので読むことをお勧めします。