ワンパンマンについての感想

今回はワンパンマンについて紹介していきたいと思います。

 

話のあらすじ
就職活動に行き詰まる主人公のサイタマはある日街で暴れていた怪人からアゴの割れた少年を救います。
その時に、ヒーローになりたいという幼き日の夢を思い出し、就活をやめてヒーローになることを決意します。
それから三年、、、髪を全て失うほどの過酷なトレーニングにより、どんな敵でも一撃(ワンパン)で倒せる
ほどの最強の力を手に入れます。しかし、いつもワンパンで勝負が終わってしまうことから、次第に戦いに
対する緊張感などが喪失し、ヒーローになった現在でも無気力な日々を送っていた。

 

少年漫画らしく悪と戦うヒーローの話なんですけど、主人公のサイタマが強すぎるところがいいです!
ワンパンで倒すとか、設定が斬新すぎて本当に面白い。他のヒーローが戦って勝てなかった敵を後から
登場してワンパンで倒す。毎回そんな感じの繰り返しです。強くなった方法が普通のトレーニングだった
などツッコミどころも満載でギャグ漫画としても楽しめます。
ワンパンで倒すという爽快な展開が多いですが、強すぎる主人公の葛藤などもこの作品の見所です。
何のために戦っているのか、誰のために戦っているのかなど凡人には理解されない強者の悩みを
見ていると考えさせられるものがあります。ただ、どちらかというと主人公より他のヒーローや敵キャラの
方が共感する部分が多いと思います。

 

まだ完結していない作品ですがこの先主人公が敵に手こずることがあるのか見所ですね。